スポンサーサイト

  • 2014.10.24 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ハイバイ『霊感少女ヒドミ』



みなさん、
再演てどう思いますか。

初演が強烈に良かった場合、
それを超えられるのか
まず、考えますね。
お客さんも同じことを思うと思います。

でも、

どうやったって、全く同じには、ならない。

のです。

良かろうが残念であろうが。

前には叶わなかったこと、その後に起きたこと、増えた要素、技術(向上、革新)、タイミング。
いろんなことが、バージョンアップや全く違う何かへの材料になる。

今回、それを凄く実感しました。

同じ内容なのに
以前に観たものとは全然違う。
どちらも好きだし面白いのです。
でも、今回「 凄い」って思ってしまったのです。

ハイバイ
『霊感少女ヒドミ』
公演始まっております。

新たなプロジェクションマッピングと新演出、引き込まれて毎日好評の様子。ありがとうございます。

いつもの宣伝美術から始まり、今回は衣裳、装置、メイクと担当しまして
よく作家さんがやるという

「自分のデスクの前( 横でしたが)にチラシを貼る」

というのをやってみました。
今回のヒドミ 石橋さんの醸し出す雰囲気とカメラマンの平岩さんに切り出して貰ったヒドミの住む福生のイメージ
ことあるごとにこれを眺め、行きつ戻りつ。
あの部屋の、あの部屋から眺めた、かもしれない校庭の、明け方の電車の。あの夜の。
内容は知っているんです。
でもね、同じにはならない。
面白いですね。

衣裳では
色々な舞台で衣裳で活躍している中西瑞美さんに衣裳協力として入ってもらい、様々ご助力いただきました。衣裳に関して覚束ない箇所箇所を色々と。感謝。


アハハくすくすやだーーーと笑っていたら終わりが来る、小一時間程の小作品です。
ある意味ささやかなものです。でもそこにあるのって誰の心にもある何かなんだと思う
笑ってたのにいつの間にかどこかでひっかかってしまう。きっと。

ほんと、是非見ていただきたい。
クールでファニーなハイバイ(笑)。
大好きな作品です。
私も頑張りました!
ニヤニヤゲラゲラと大いに遊ばせて貰った感じですけども。


東京公演は現在怒涛の昼夜公演。
その後は名古屋・城崎・香川(野外!)・伊丹・札幌と続きます。
お近くの方はぜひ。


さて、

最近読んだ漫画で
『重版出来』
というものがありまして
(ここから若干ネタばれです。ご注意)

その中で好きなセリフがあって

ジワジワと人気が出て「愛される本」となった作家のサイン会
立場上自分はサインをもらえはしない営業課長。

でも、やっぱり本当はもらいたい(笑)。

実は奥さんがサイン会に行っていてその人の名字でのサイン本が家に帰るとある。
一見無関心風にすら見えた奥さんが言った

「 いいお仕事ね。惚れ直したわ」

これ、すごくいい。

私も 大事な人にはこう言いたい。
何度でも惚れ直したいし
惚れ直して欲しい。

正直にそう思うのです。

そう。まだまだ頑張らねばなあ。


グッジョブ
と書かれた帯に巻かれていた
今回の先行特典
「みんな大好きヒドミちゃんトート」
ホラートート!

くわしくはこちら。
http://hi-bye.net/

waqu:iraz 01『短篇集:ノスタルジア』チラシ

小林真梨恵さんのソロプロジェクトwaqu:iraz 01『短篇集:ノスタルジア』

今回はチラシ等紙媒体を担当しています。





▲チラシはこちら。



「過去・記憶」をテーマに演劇・身体・音楽の要素を織り交ぜた3つの短編を上演とのこと。



3作品のうちのひとつ『未開の空、ゆれる』の稽古場にお邪魔しました。



wquiraz01稽古場

みっちゃんこと演出の高木充子さんの「小話」&ディスカッション中のみなさま

この時のみっちゃんの話の中に

私も昔親しんでいた懐かしい本の話が出て来たり、

興味深い話も沢山。

毎回あるのかな?いいね。

互いの持っているものを共有して行く作業。

じわじわ進行して行くのですなー。



wquiraz01稽古場

この作品では原案・演出・振付の真梨恵さん

黒一点のわがおさんこと小川拓哉くんに指導中(怒っている訳ではありません)。



wquiraz01稽古場

5人の女優さんたち(石田迪子さん、五十嵐ミナさん、日坂春奈さん、長尾純子さん、菊池ゆみこさん)も

佇まいそれぞれで

要素が折り重なるとどんな色合いになるのかしら?と

楽しみ。



本番は

7月24日(木)〜29日(火)

千歳船橋のAPOCシアターにて

くわしくはこちら>>>



稽古の様子はこちらで

いろいろご覧いただける様ですよ。

>>>waqu:iraz note ワクイラズノオト

ハイバイ『おとこたち』チラシ



有り難いことに

今回もハイバイのチラシ担当しております。

タイトルはズバリ『おとこたち』



ハイバイ二年ぶりの新作は

舞台は地球、ヒト科オトコ類による

性欲期から死期までの大河ドラマ!



だそうです。



ついに大河ドラマ!!!



チラシと致しましては

まあ、見ていただければわかりますか

おじい×おじいでお送り致しております。

うん、向き合ってこ。



実は、各所に掲示しているポスターは

これとは違うバージョンです。

もし見かけたらぜひぜひしげしげご覧下さい。



東京(東京芸術劇場)の他は

福岡(西鉄ホール)、愛知(長久手文化の家)と回るそうなので

お近くの方はぜひ!

ハイバイのホームページ
 

小松台東『フサエ、100歳まであと3年』


小松台東『フサエ、100歳まであと3年』チラシ

前作の男くさい『デンギョー!』からうってかわって?
今回はフサエおばあちゃんの元にあつまる人々の話。

最初の打ち合わせで作・演出の松本さんが話してくれたのは
「かわいらしい、みんなに愛されるおばあちゃんなんです」
ということ。
ほんとうにこれに尽きる。と思う。

みんなちょっとずつ、もしくはもう少し不器用で
見ているこっちがハラハラしたりニヤニヤしたりなんだけど、
最後には「ははは」って笑っちゃったり。
そんな、
日当たりの良い部屋の話。

達くんのやっていた
あのダンナさん(唯一東京弁の人)の素っ頓狂さ頓珍漢さに
すごく救われる瞬間があるのよね。
お姉さんは。きっと。

そしてみなさんの全編宮崎弁!
見事でした。

ありがと、サンキュー。
 

小松台東『デンギョー!〜あとは焼酎をあおるだけ〜』チラシ



10月に「短編30分×3」を上演した小松台東
今月12月にはもう新作が観られます。

私は今回もチラシを作成。

今回
裏面にゆかりのある方々からコメントをいただきまして
それが何とも皆さん愛あるコメントで。

作りながら
「そうそう!」と頷いておりました。

今回は久々に?
男臭い感じになるとか。

ぜひお見逃しなく。

前半3ステージはお得な前半割もあります。

小松台東『デンギョー!〜あとは焼酎をあおるだけ〜』
2013/12/04(水) 〜 2013/12/10(火)
会場:
高田馬場ラビネスト
作・演出 :松本哲也
出演 :
佐藤達(劇団桃唄309) 
小林俊祐(バッカスカッパ) 
永山智啓(elePHANTMoon)
竹岡真悟 
中田麦平(シンクロ少女) 
尾倉ケント 
緑川陽介
小笠原健吉(ブルドッキングヘッドロック) 
塙育大 
石澤美和 
大竹沙絵子(国分寺大人倶楽部)
松本哲也(小松台東)

<タイムテーブル>
12月4日(水)19:30★
12月5日(木)19:30★
12月6日(金)14:30★/19:30
12月7日(土)14:30/19:30
12月8日(日)13:00/18:00
12月9日(月)19:30
12月10日(火)15:00

<チケット料金> 前半割(★)=2500円 前売=3000円 当日=3300円

小松台東HP http://komatsudai.com/

 

サマカトvol.20 『ソニックルーレット』チラシ


9月のハリケーンディスコでも一緒だった割とお馴染み澤唯さんの劇団
サマカトの第20回公演『ソニックルーレット』のチラシ
作成致しました。

というか、前回公演『4-doors』(3年前)
には出ておりました。私。

ま、そんなことはどうでも良いのです。

スタッフとして関わるのは初めて。


ということでね、
チラシをいただきがてら
稽古場にお邪魔(潜入)しました。


(写真奥)オックスフォードパイレーツ『半島にて』に出てくれた
さくちゃん(櫻井拓也くん)、気がついたら
なんかカッコいい感じで待機してたので。パシャリ。
手前は携帯のチェックに余念がないリッキー(力武修一/リケチカ)。



色んな場面を見せていただきましたが
そのうちの一枚
(左)代表 澤さん
(右)あひるなんちゃらでもお馴染み松木美路子さん
なんだろうな、松木さんの声って気になる・・・私・・。
かわいい声ーーー。



もうお馴染み徳元直子がとあることでエキサイト。
手前では猫好きをもう隠さない江崎さんが
苦笑い。


上から読んでも下から読んでもナカノカーナー ナカノカーナー こと
中野架奈静かに熟考中ぽいですけど
このあと「わかるー!!」とエキサイト



木琴(サマカトの内山清人)
はこの場合は総じて苦笑い。

女心は難しいというか・・・。ね(笑)。

そう、tarassacoの二人 徳元直子と中野架奈も活躍しますよ。
お楽しみにね。
tarassacoのブログも更新されてました。
こちらもどうぞご覧下さい


3年ぶりでもサマカトはサマカトなので
急に大地が割れたり、凄く大きい人が壁を壊したり、
何たらの理がどうたらとか言い出さないと思います(多分)。
フルフラット(!)に
そこに何があるか見て取ったらいいのではないかなー。なんて勝手に思いますが
私が見てない部分も沢山あるので
実は急に壮大なこと言い出すのかもしれません。
楽しみです。
(ざっくり言うと芸人さんのお話らしいですよ)

本番はもうすぐ
11月13日(水)から17日(日)まで
新宿三丁目のSPACE雑遊にて

ぜひご来場下さい。

詳細は
http://www.somecut.com/

サマカト Vol.20
『ソニックルーレット』 

■作・演出
澤 唯

■出演
内山 清人
澤 唯
江崎 穣(ハリケーンディスコ)
櫻井 拓也
徳元 直子
中野 架奈
松木 美路子
力武 修一(劇団リケチカ)

■チケット ※日時指定・全席自由
前売り ¥2500  当日 ¥2700
学生 ¥1500(※要予約・要学生証)

■日程
11/13(水) 19:30
11/14(木) 19:30
11/15(金) 19:30
11/16(土) 15:00/19:00
11/17(日) 14:00/18:00
※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前。
 

小松台東『短編30分×3』チラシ

3回目のお付き合いになります

小松台東『短編30分×3』

小松台東『30分×3』



公演自体は10月3日(木)−6日(日)でした。
場所はスミカ以来で、私にはちょっと久しぶりのAPOCシアター


タイトル通りの30分の短編を3本上演するという企画なのですが
さらに、4〜6日は15分の短編(二人芝居)までついてくるというなんともお得な。



一本目 劇団桃唄309の長谷基弘さんの『大空』を松本さんの演出で

二本目 劇団競泳水着の上野友之さんの作・演出で『町でいちばんの』こちらには松本さんは出演

三本目『ノリオの病室』は作・演出/松本哲也で。



おまけの二人芝居は4、6日は文学座の山像かおりさんを迎えて『姉と弟』、

5日は東京タンバリンの瓜生和成さんを迎えて『10年ぶりの出待ち』
どちらも作・演出・出演/松本哲也で。
え、これどれだけ松本さんやることありっぱなしなの!?
と驚きますね。


私は6日を観せていただきましたが
どの作品も面白かった。
5日も観たかった!!!(諸事情で無理でしたが)


やっぱり小松台東の持つ
日曜日の夕方のやる方ない感じ。
あれがたまらないなと思います。
『ノリオの病室』はその部分がぎゅっと凝縮されていて。
色んなことはバカバカしいのに、それでもね。と思ってしまう。

そこに
競泳水着の上野さんの夜の物語が
桃唄309の長谷さんの朝日というかなんだかまぶしい感じの話が
彩り豊かに
「一日」のいろいろな時間を切り取ったような。


すごく
お得な公演でした!
みなさまお疲れさまでした。




 

月光のつつしみ チラシ

ハイバイの次回公演
『月光のつつしみ』のチラシ完成しました。

岩松了さんの作品『月光のつつしみ』をハイバイ岩井さんの演出で!!!

聞いた時に大興奮しました。
なんて面白そうなの!

岩井さんの演劇活動において重要な位置を占めているという
岩松さんの作品。
真っ向勝負で取り組むとのこと(もう少し詳しくはチラシ裏をご覧下さい)。

これは
KAAT神奈川芸術劇場のみの公演になります。
他ではやりませんよ!!東京でもやらないからね!
観劇後は中華街かしら、みなとみらいかしら、というお楽しみもありますし
ぜひ、ここはひとつ横浜方面へ。


チラシ裏表


こちらはDM



実はたくさんの岩松さん


岩松さん×岩井さんのダブル岩写真は
ゆったりした素敵な雰囲気のカメラマン平岩亨さんに撮っていただきました。
スタイリングはお馴染み小松陽佳留さん。



私が岩松さんの作品に始めてふれたのは
『市ケ尾の坂』でした。
当時、田口トモロヲさんが好きで、という発端なのですが
自分が通っていた高校の近くが市ケ尾で「あの市ケ尾?て、あの坂?」と
作品と現実が不思議な距離感で感じられて
妙な興奮があり、いまでも好きな作品の一つです。
(もう一度観たい・・・・・)

9月20日からは
『月光のつつしみ』
楽しみです。
早く観たい!!

ハイバイの公演情報はこちら>>>
岩松さん×岩井さんのインタビュー記事やチケット購入もできます。




DEFROSTERS改め 小松台東『四畳半ベンチプレス』チラシ

 

前回の
DEFROSTERS vol.5 「明るい家族 楽しいプロレス!」に引き続き
のお付き合いとなります。

DEFROSTERS改め 小松台東『四畳半ベンチプレス』チラシです。
ナギプロにも折り込まれていたので
ご覧になった方もいらっしゃるかと。

作演出の松本さんが
ベンチプレスをお母さんにお願いして無理矢理買ってもらった(通販で)話だそうです。

ていうことは、筋肉付くのかなー。

今回は
ドリルチョコレート丸投げ広場という企画?だそうです。
この下りのエピソードがまた格好良かった。
ますますファンだわ。ドリルチョコレート。

そうそう、宮崎弁の芝居ですって。
楽しみ!

PocketSheepS「千年の狐と小さな嘘」



PocketSheepS「千年の狐と小さな嘘」
チラシ作成させていただきました。

ナギプロとがっつりかぶっていたので
本番を観に行くことはできなかったのですが
どうやら、今回も大盛況満員御礼だった様子。
よかったよかった。

表右側は
登場人物がずらり。
さて、誰が誰でしょう!?

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
information
出演予定

響きの森サマーフェスタ2014
《シエナ☆フルーツ&ミーツ
フルーツの国の
おんがくパーティー♪》


■日程■
7月19日(土)・20日(日)
開演時間 11:00〜
場所→文京シビックホールHP



ーーーーーーーーーーーー 以下終了しました。
ありがとうございました。
2013Curious*
Christmas
cheer party!!

新宿区
「国際都市新宿・踊りの祭典」 2013

福岡ピラニア暴発催し物
ハリケーンディスコ

第十四回公演
「花子フルメタルジャケッ娘」


天幕旅団
「波よせて、果てなき
僕らの宝島(ネバーランド)」


ナギプロパーティー
単独ライブ
『宇宙パビリオン』


のむらんぷ
第5回公演
『ピクニック』


オックスフォードパイレーツ
第2回公演
『山高帽の深すぎるかぶり方』


tarassaco
第1回公演
『insalata matta』


booklog
pr
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
PR
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM